37歳 普段の食事のだけでは野菜を大量には取れない

私が野菜ジュースを飲むキッカケになったのは、大学時代に一人暮らしを始めた時、同じサークルの子が入学後2ヶ月で栄養失調で入院してしまったからです。

 

その子は自力で立つことも出来ず、友人を電話で呼んで病院に連れて行ってもらいそのまま入院になりました。

 

お見舞いに行った時にその話を聞いて、自分も気をつけなくてはと思ったのがキッカケでした。

 

私は割と自炊している方だったのですが、1人暮らしだとどうしても野菜を使い切れなかったりして、そんなに沢山の種類の野菜を買えないので、考えた結果手っ取り早く野菜ジュースで取れば足りない分は補えるだろうと思い、飲み始めました。

 

野菜ジュースは意外とカロリーが高いということだったので、1日1回朝食時にコップ一杯飲むことにしました。

 

これ1杯で1日分の野菜が取れるとうたわれているけれど、流石にそれは無いだろうと普段の食事の補助と考えて飲んでいます。

 

これで本当に補えれているかどうかは正直疑問ですが、飲まないよりは何かの足しにはなっているだろうと半分自己満足の部分はあります。

 

取りあえず健康に暮らせているし、何となく習慣になったのでこれからも続けていこうと思います。

十六種類の野菜ジュースは、初めて知りました

最初に飲んだ野菜ジュースをずっと続けているので、世田谷自然食品の「十六種類の野菜ジュース」は、今まで試したことがなくて、今回初めてサイトの方で見た上での感想です。

 

その中で、トマトのおいしさが味わえる野菜ジュースにこだわったというのにとても惹かれました。

 

トマトのリコピンは体に良いというのは色んな所で紹介されているので是非取りたい栄養素だし、それがおいしく飲めるというのはとても嬉しいと思います。

 

トマトジュースは青臭くて飲みにくいものが多くて正直苦手なので、野菜ジュースでもトマトの入っていないものを飲んできましたが、おいしいのならちょっと試してみたいなと思いました。

 

後、食塩・砂糖・着色料・保存料は使用していないというのにも惹かれました。

 

毎日続ける物なので、余分なものがずっと体に蓄積されていくというのは健康面での不安になるし、なるべく入っていて欲しくないので安心して飲めるかなと思いました。

 

ただ、保存料を入れてないので1回分ずつの缶入りなのは仕方ないかなとは思うけれど、出来ればパックの方が処分しやすくていいなと正直思いました。

 

トータルで見ると健康の為にはなかなか良さそうなので、是非1度試してみようと思います。